きなこで健康、美容

・nirさん(26歳女性)の投稿です。

私はきなこが大好きです。
きなこのお菓子も好きだし、お餅なども美味しいですよね。

普段あまり意識することはありませんが、きなこは実は栄養が豊富で美容や健康にも良い食材なんです!
まずきなこが何で出来ているかというと、大豆ですよね。
大豆が美容や健康にとても良いというのはもうここでわざわざ書く必要が無いくらい有名だと思います。
中でもきなこは大豆をそのまま粉にしているので、大豆の栄養を丸ごと取れるという訳なんです。
更に、粉状になっている為消化も良く、栄養を吸収しやすくなっています。

と言っても毎日きなこ餅を食べる訳にもいきません。
そんな時に良いのがきなこ牛乳です!
作り方は簡単。
牛乳をマグカップに注ぎ、きなこ大さじ1と砂糖小さじ1(お好みで増減)を入れ、レンジで加熱すれば完成。
きなこは溶けないのでよく混ぜて下さい。
意外な組み合わせかもしれませんが、これが美味しいんですよ!
砂糖の代わりに蜂蜜や黒糖を入れても良いし、最後にすりごまをちょっとかけても美味しいです。
大豆に含まれているイソフラボンには生理不順や生理痛、ダイエット効果、高血圧などの予防、美肌など色々な効果が期待できます。
更に、きなこには食物繊維が含まれているため、便秘の人にも効果的です。
牛乳はカルシウムが豊富で、骨粗鬆症の予防などにもなります。
牛乳が苦手という人は豆乳で作っても美味しく出来ますよ。

あと、きなこトーストも簡単なのでオススメです。
普通の食パンにバターかマーガリンを塗り、きなこと砂糖を混ぜたものをかけてトーストするだけ。
美味しいです。
でもきなこは焦げやすいのでそこだけ注意して下さい。

ただし、注意点もあります。
大豆イソフラボンの1日摂取量は75mgです。
過剰摂取は乳がんや子宮内膜症のリスクが高まります。
因みに豆乳200ccと大さじ1のきなこを使ってきなこ豆乳を作った場合、イソフラボンの量は約50mgになります。
日本人は納豆や味噌、醤油、豆腐などで大豆製品を取ることが多いです。
いくら美容と健康に良いとは言っても、取りすぎには注意しましょう。

お役立ち情報

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ