白湯を飲むだけの楽ちん健康法

・あおいさん(30歳女性)の投稿です。

何だか寝ておきたばかりなのに身体が怠い、何だか最近体重が増えているから少し食事の量を減らしてみるけど体重が思うように減らない…そんな感じで過ごしているとまた更に…と悪循環に鳴ったりします。特に季節の変わり目の寒暖差で何となく身体も冷えるしと悩んでいて、数年前から白湯を飲み始めました。

色々と調べてみるとこの白湯、意外にも身体にいいということが分かり気がつくと以前は1日に2杯程度飲んでいた珈琲は飲まなくなりました。今珈琲を飲むとよく分かるのですが、飲み終わった後に身体がひんやりしてくるのです。一方で白湯は飲み終わった後に身体がぽかぽかとしてきます。どうやら白湯は内臓を温めて、血流を良くしてくれるようです。それによって内臓の疲労も回復し代謝が上がり脂肪が燃えやすくなり、体内の毒素も排出しやすい身体になっていきます。常温のお水より少しだけ温かい白湯は飲みやすく、飲むことによって利尿作用も高まり浮腫の解消にも効果的ですし、実際に私は以前より冷えも改善されてきましたし内臓が温まっているおかげで便秘にもの凄く悩むというころも少なくなってきたように感じます。

ただ白湯は腸内の毒素を浄化する力があり、美味しいからとがぶがぶ飲むと腸で吸収される栄養が吸収されず、続けていると健康になるのではなく身体が弱ってしまうと言われているようで、私は朝起き抜けに少しだけ沸かして少しずつ飲んでいます。最初は何だか不思議な味だなとかんじていましたが今は甘くて美味しいと感じるようになり水と白湯以外はあまり受け付けなくなりました。

そして最近は白湯に何か入れたいなと思い、薄くスライスしたショウガを加えて飲んでいます。加えない時は、新ショウガが出回ると薄くスライスしたものを黒糖やハチミツに漬けているのでそういったものを少し口にしながら白湯を飲んでいます。こうすると白湯よりもさらに身体がぽかぽかとして気持ちがいいです。今年の冬もこれで乗り切る予定です。

白湯は誰でも飲めて簡単に作れるので本当にお勧めです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ